外国人労働者の採用ポイント1

外国人労働ビザ

外国人労働者の採用前のポイント

近年、日本において外国人労働者は年々増加し、雇用する企業も増えています。したがって、自社でも新たに外国人労働者を採用しようと考えている企業や人事担当の方も多くいらっしゃるかと思います。しかし、外国人労働者を採用するに当たっては、採用する前の段階で整理しておくべきポイントがいくつかあり、それらを今回はご紹介いたします。

  1. そもそも外国人労働者をなぜ採用するのか
  2. 【外国人=コストの安い労働力】が全てではない
  3. 日本人と同じマネジメント、教育では上手く行かないことを念頭に入れておくべき
  4. 技能実習生の受け入れ先で起こっている労働問題

そもそも外国人労働者をなぜ採用するのか

企業が労働者を募集する場合、必ずそこには何らかの理由があるはずです。大企業であれば定年や定年後の再雇用者が退職するに当たって、大学生や高校生をはじめとする新卒採用を毎年行なっております。また、最近では終身雇用制度が以前ほど当たり前ではなくなっているため、中途採用の市場も活発になってきております。そして、外国人労働者を採用する企業でもっとも多い採用理由が日本人だけでは会社が回らないと言う、日本国の人材不足により発生している理由です。しかし、募集を求人に募集をかけても採用に繋がるような人材がいない(人手不足)なため、外国人労働者を採用すると言うのは、今一度慎重に考えるべきです。

外国人労働者の採用検討している方へ

外国人労働者の雇用管理やマネジメント、教育はそれほど簡単なものではありません。日本人を雇用する場合以上に注意しなければいけないポイントが沢山あります。

  1. 宗教
  2. 文化
  3. 常識
  4. 法律
  5. 労働に対する概念

など、各国によって沢山の違いがあります。そのため、日本人労働者が集まらず、人手不足なので外国人労働者を採用すると言う、どちらかと言えば消去法的な理由の場合、採用の方法を見直して見たり、賃金体系を見直して見ることで問題は解決するかもしれません。また、具体的な改善策を今回はご提示しました。

具体的な改善策

  1. 採用の部分でハローワークに求人を記載するだけでなく、有料の求人媒体に情報を記載する。(既に記載している場合、記載する時期を変えてみる、記載内容を変えてみるなど)
  2. 自社のHPに採用専用のページを用意したり、PR動画を作成し、より企業イメージが伝わるようにする。
  3. 賃金体系の見直しについて、他企業の同じエリア、同じ職種の募集条件を踏まえて、時給や基本給、もしくは昇給制度などで差別化を測るなど

外国人労働者の採用は上記のような施策を行なった後からでも遅くわないでしょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧