観光ビザについて

外国人労働ビザ

ビザについて

外国人の方が日本で滞在する時には、何らかのビザが必要です。今回は沢山あるビザの種類の中でも最も良く利用されている『観光ビザ』について解説していきます。『観光ビザ』という言葉を聞いたことある方は多いのではないでしょうか?日本人が海外旅行に行った時には、必要になり外国人が日本に観光をする時に必要になるものです。

観光ビザとは

外国人が日本に観光や、仕事など、短期滞在する時に必要になるものであり、正式には『短期滞在』という名前でビザが制定されております。そのため、外国人の方が観光することだけでなく、それ以外の活動であっても日本に短期滞在することが認められております。観光ビザはいくつかの項目に分かれております。

短期滞在(観光ビザ)の項目

短期滞在(観光ビザ)の在留期間は3種類に分かれており、90日以内、30日以内、15日以内となっております。また、短期滞在では、労働などを行なって報酬を得ることは認められていません。在留資格認定証明書の交付申請もできません。

短期滞在(観光ビザ)を取得するには?

短期滞在(観光ビザ)を取得するには、特に難しい申請などは必要ありません。パスポートの他、外国人の方が観光、滞在、旅行に必要な経費と往復の航空券があれば簡単に発給されることが一般的です。

ピックアップ記事

関連記事一覧